本文の始まりです

第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム」の福岡開催が決定致しました

「第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム」の福岡開催が決定しました

2018年に開催される「第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム」の開催都市を決めるための選考会が、10月9日(日)にメルボルン(オーストラリア)で行われ、立候補都市によるプレゼンテーションと加盟12か国・地域(※)の理事による即日投票の結果、福岡県・福岡市が選ばれました。
昨年行われた2017年の同大会を決める選考会では,惜しくも香港(中国)に一票差で敗れましたが,今回は,福岡県・福岡市の高度な都市交通システムや「西鉄バスナビ」などのITS先進事例、各種国際会議の開催実績、周辺国からのアクセス利便性などが高く評価され、満場一致で承認を受けました。
ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)とは,「人と道路と自動車の間で情報の受発信を行い,道路交通が抱える事故や渋滞,環境対策など,様々な課題を解決するためのシステム」であり,「アジア太平洋地域ITSフォーラム」は,「アジア太平洋地域におけるITS推進活動としては最大のイベントとして位置づけ」られているものです。
※ITSアジア太平洋地域(本部はITS Japan(東京))加盟12か国・地域:
 日本、韓国、中国、台湾、香港、インド、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランド

 

○「第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム」概要

■会 期:平成30年(2018年)5月8日(火)~10日(木)3日間
■会 場:福岡国際会議場(福岡市博多区石城町2-1)
■主 催:第16回アジア太平洋地域地ITS フォーラム実行委員会(仮) 
■テーマ:Everyone’s Mobility by ITS
(アジア諸国の発展と住みやすい社会の創造に寄与するため、最先端ITS技術を共有、発信)
■主なプログラム:
  (1) 国際会議(全体会議、エグゼクティブセッション、テクニカルセッションなど)
  (2) 展示商談会(産学官による技術・製品展示と商談会)
  (3) 技術交流(企業間ビジネスマッチング、大学発ベンチャー起業の場作り)
  (4) テクニカルツアー(ITS 関連の先進施設、社会実装モデル、実証実験など視察)
 ■参加者数:1,000名(内、外国人500名)※展示商談会は3,000名の入場を見込む。
 ■過去の開催状況:
  ・1996年(第1回):東京(日本)
  ・1997年(第2回):ケアンズ(オーストラリア)
  ・1999年(第3回):クアラルンプール(マレーシア)
  ・2000年(第4回):北京(中国)
  ・2002年(第5回):ソウル(韓国)
  ・2003年(第6回):台北(台湾)
  ・2005年(第7回):ニューデリー(インド)
  ・2006年(第8回):香港(中国)
  ・2008年(第9回):シンガポール(シンガポール)
  ・2009年(第10回):バンコク(タイ)
  ・2011年(第11回):高雄(台湾)
  ・2012年(第12回):クアラルンプール(マレーシア)
  ・2014年(第13回):オークランド(ニュージーランド)
  ・2015年(第14回):南京(中国)
  ・2017年(第15回):香港(中国)

  (注) 米州、欧州、アジア太平洋地域の持ち回りで毎年開催されている「ITS 世界会議」がアジア太平洋地域で開催される年は、「アジア太平洋地域ITS フォーラム」は開催されません。
(2013年の世界会議は東京で開催、2016年はメルボルンで開催)。

イベントカレンダー

2017年12月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

本文の終わりです