本文の始まりです

国連ハビタット会議でプレゼンしてきました。

QPITS事務局の渋谷です。2014年12月11日、年末も迫る中、国連ハビタットの会議にてスマートシティについてのプレゼンテーションをしてまいりました。参加はアジアから、ミャンマー、モンゴル、インドネシア、フィリピン、ベトナム。国内からは福岡市役所の皆様や福岡アジア都市研究所などの方がご出席。それぞれの都市での取り組みを紹介し合い、そのあとは意見交換という場でした。
国連ハビタット2014 国連ハビタット2014
スマートシティは、ハードだけでなく、制度だけでなく、ITだけでなく、ひとが大事。各都市とも共通していることは、そこに暮らす人々がハッピーになれっるかどうか。ハコモノをつくったり、技術を実験するだけじゃなく、“生き方”や“暮らし”を考えることが大事なんですよね。
QPITSからはアジアでもすぐに展開できる事例として、
 ・九州乗り物インフォコム
 ・柳川でのエネルギー×経済×ITの実証事業
 ・Project72による災害時地域自助力育成プログラムの取り組み
を紹介し、そのうえで、
 ・社会構造の複雑性
 ・IoTによるインパクト
という大きなトレンドをご紹介。そして、日本では規制や社会構造的な問題で実証できないアプローチを、アジアの国×日本の技術という組み合わせで実現し、新興国・発展途上国から世界をリードするイノベーションを実現していくことが可能だ、ということをご紹介いたしました。実際にバングラデシュで、NICTの技術を使った健康管理の仕組みなども動いていますからね。
また、QPITSの活動を通じて見えてきた方法論にも軽く触れ、ディスカッションも具体的に提案できる技術のお話などもでき、何かが動き出しそうな場になりました。環境技術やセキュリティ技術、データ連携、クラウド上でのサービス連携、オープンデータといったあたりがキーワードでした。
貴重な機会、ありがとうございました。QPITSはアジアに向かって動き出します!!
以下、スライドシェアに本日のQPUTSの資料をあげてありますので、ご参考まで。

イベントカレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

本文の終わりです