本文の始まりです

9月度QPITSプライベートセミナーを開催しました。

2014年9月26日、QPITSプライベートセミナーを開催しました。本日は
・キーウェア九州様より、Intaractive CLIQ のご紹介
・西鉄情報システム様より 情報セキュリティサービスのご紹介
・QPITSより 自治体提案公募のご紹介
を行いました。QPITS会員20名ほどにご参加いただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとう後余した。

201409QPITS PVセミナー 201409QPITS PVセミナー
キーウェア九州様は東証2部上場企業のキーウェアソリューションズ株式会社のグループ会社です。システム・ソリューションを提供しており、QPITSでは幹事会員としてご参加いただいています。本日ご紹介いただいたIntaractive CLIQは、”鍵”のソリューションです。鍵ってたくさんありますよね。最近は指紋認証やらセキュリティカードやらが必要で、特に企業では人によって入退室できる部屋も管理しなければいけません。これを物理的に鍵を持たせると、たくさんの鍵をもたせなければいけないですし、入出管理も難しい。ICカードで管理することもできますが、設備設置のために配線やらなんやらいろいろと手間がかかってコストが高くつきます。また、鍵をなくしちゃうと、一大事です。錠前をまるごと変えなければいけなくなってしまいます。こうした鍵の問題にたいして、キーウェア様がご提供しているのが、Intaractive CLIQ。イスラエルからの技術を活用した製品。単一の鍵で、しかも最小限の設備投資で対応することが出来るのがこのソリューションです。意外とアナログな運用をしている鍵の管理の労力を改善することが出来るもので、例えば不動産物件の管理や倉庫の管理、コワーキングスペースなどの共有スペースの管理に活用できそうです。

詳細はこちら ⇒
http://www.keyware.co.jp/products/e-lock/cliq/index.html
西鉄情報システム様は西日本鉄道グループで、ITソリューションを提供している企業です。今回は情報セキュリティサービスのご紹介でした。具体的には、
・Webアプリケーション脆弱性診断サービス
・標的型メール予防訓練サービス
・情報セキュリティ講習サービス
をご紹介いただきました。ポイントは、リーズナブルに、使いやすく。すでにITは企業の必須命題であり、ITが情報を扱う技術である以上、情報セキュリティは不可欠です。Webアプリケーション脆弱性診断サービスは自動診断と専門家による診断により、企業がさらされているWebの脅威から守ってくれます。ですが、セキュリティの脅威は技術だけでは回避できません。実際にセキュリティリスクが起きる大半の理由はヒューマンエラー、つまり人間の作業によって起こされる問題がほとんど。そのためには、意識づけが必要であり、だからこそ、基本的なところからセキュリティの重要性に気づいてもらい、実際に対応できるようにするための訓練が必要です。それは防災訓練と同じですね。ITがこれだけ普及した現代、一年に一度くらいは会社で実施したほうがいい内容かもしれません。

 

QPITSからは、自治体の検討委員会との連携についてご紹介しました。こうした検討委員会は、初期段階は構想を議論するにとどまりますが、段階を経ていくことで具体化し、大きなプロジェクトに代わって言ったりもします。QPITSでは企業だけでなく、各種団体や自治体からもご相談を頂く機会がありますため、その可能性を議論する場を継続的に創って参ります。
次回のプライベートセミナーは10月22日開催予定です。

イベントカレンダー

2017年8月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

本文の終わりです